富士大 5年ぶり初戦突破 鈴木翔左足つりながらも4回2/3を9K

[ 2017年11月11日 05:30 ]

明治神宮野球大会第1日・大学の部1回戦   富士大4―1大商大 ( 2017年11月10日    神宮 )

<富士大・大商大>力投する富士大先発・鈴木翔
Photo By スポニチ

 富士大は初出場した12年以来の初戦突破を果たした。来秋ドラフト候補の149キロ左腕・鈴木翔は2回に左足をつりながらも4回2/3で毎回の9奪三振。

 今秋リーグ戦で完全試合を達成した実力の片りんを披露し「悪いなりに投げられた」と安ど。外野手兼任だった向上時代、3年夏の神奈川大会決勝・東海大相模戦で吉田凌(現オリックス)と投げ合った。「また同じ舞台で投げたい」と腕をぶした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年11月11日のニュース