ロッテ 打者10人の猛攻で一挙5点先制 荻野が3点適時二塁打

[ 2017年11月11日 19:49 ]

親善試合   ロッテ―台湾代表 ( 2017年11月11日    台湾・桃園 )

 ロッテは2回、打者10人の猛攻で一挙5点を先制した。

 先頭の井上が四球で出塁。清田と大嶺翔の連打などで2死満塁とすると、スタメンマスクの柿沼が押し出し四球を選んだ。さらに荻野は初球の直球を捉えて、左中間を破る3点適時二塁打。「カキ(柿沼)が押し出しを選んで先制した後だったので気持ち的には楽に打席に立てました。後ろにつなぐ気持ちでいってランナーを還すことができてよかったです」と振り返った。

 なおも2死一、三塁からは角中が中前適時打。「金森コーチの教え通りのバッティングができました」と喜んだ。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2017年11月11日のニュース