日本生命・皆川 延長11回千金3ラン ルーキー4番抜てきに応えた

[ 2017年11月11日 05:30 ]

スポニチ後援第43回社会人野球日本選手権第9日・準々決勝   日本生命3―0新日鉄住金かずさマジック ( 2017年11月10日    京セラドーム )

<新日鉄住金かすさマジック・日本生命>延長11回、3ランを放ち、雄叫びを上げる日本生命・皆川
Photo By スポニチ

 日本生命は延長11回無死一、三塁で4番・皆川が右翼越え3ランを放ち、0―0の均衡を破った。

 「監督から“この打席を楽しんでこい”と言われた」。この大会から4番を任されたルーキーは「(立正大では)本塁打は6、7本」とスラッガータイプではなかったが、十河章浩監督は「元気さを前面に出してやってくれればいい」と抜てき。皆川は「ちょっと詰まったけれど、押し込んだ感じはあった」と千金弾に笑顔を浮かべていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年11月11日のニュース