大谷 11月11日午前11時会見へ メジャー挑戦への思いを自ら語る場に

[ 2017年11月11日 05:30 ]

スーツ姿で外出する大谷
Photo By スポニチ

 日本ハムは10日、東京都内のホテルで会見し、大谷翔平投手(23)から今オフの大リーグ挑戦の申し入れがあり、ポスティングシステムを利用してのメジャー移籍を認めると発表した。会見前の面談で大谷は栗山英樹監督(56)らに、世界一の選手となる誓いを立てた。5年目オフのメジャー移籍は同制度利用では最速。大谷は11月11日午前11時から都内で会見を開く。

 都内ホテルの一室。グレースーツに緑のネクタイに身を包んだ大谷の目の前には竹田憲宗球団社長、島田利正球団代表、吉村浩GM、そして、栗山監督がいた。午後2時20分、大谷が切り出した。

 「来シーズンよりMLBに活躍の場を移したい。ファイターズに入団する前からの夢、メジャーで世界一になる。その夢の実現に向けて挑戦してみたい」

 ポスティングシステムを利用し、メジャー挑戦することを正式に申し入れた。面談時間は約30分。竹田社長が「メジャーで二刀流で活躍することで、日本のファンが夢とか感動を覚える。大谷選手のようになりたいと、夢を与えるような活躍をメジャーでしてほしい」とエールを送ると、大谷は笑顔で「頑張ります」と返答したという。昨年の契約更改交渉の席でも「世界で一番の選手になりたい」と伝えた。花巻東時代から変わらない大谷の信念だった。

 面談中、大谷からは北海道のファンや球団への感謝はもちろん「通訳とか、フォローもしてほしい」とバックアップの依頼があったという。もちろん、球団も全面支援の方針。吉村GMは「ルール上可能であれば」と前置きした上で「二刀流」の練習スケジュールなどのノウハウ、データを移籍する球団に提供する用意があることを明かした。

 竹田社長とともに会見に出席した栗山監督は「みんなでとにかく“世界一の選手”になると信じて。その思いを球団全員で受け止める。翔平自体も前に進んでいかないといけない。そういう区切りの日だと思っている」と語った。日本野球機構(NPB)と大リーグ機構(MLB)で改定交渉中の同制度は、今オフは現行の継続で大筋合意している。正式に制度が発効されたあとに申請手続きを行う。

 指揮官は「僕が思っている大谷翔平の天井はこんなところじゃない」とも言った。大谷の「世界一」への思いは、日本ハム、日本の野球ファンの願いでもある。背番号11を背負い日本を熱狂させた大谷は、11月11日午前11時から都内で「1並び」会見を開き、覚悟と決意を語る。 (柳原 直之)

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2017年11月11日のニュース