ソフトB川島 残留決断 FA権行使せず「“必要”と言ってもらった」

[ 2017年11月11日 05:30 ]

国内FA権を行使せず、残留を表明したソフトバンク・川島      
Photo By スポニチ

 ソフトバンク・川島はヤフオクドーム内の球団事務所を訪れ、今季取得した国内FA権を行使せずに残留することを明らかにした。

 この日、球団側と話し合い「“必要”と言ってもらったことが一番。それ以上うれしいことはない」。今季は移籍4年目で最多の81試合に出場し、日本シリーズ第6戦で日本一を決めるサヨナラ安打を放った。34歳のベテランが日本一連覇を狙う来季もチームを支えることになった。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2017年11月11日のニュース