創価大 2年生リレーで1点差死守 杉山150キロマーク

[ 2017年11月11日 05:30 ]

明治神宮野球大会第1日・大学の部1回戦   創価大2―1関大 ( 2017年11月10日    神宮 )

<関大・創価大>5回1失点と好投した創価大・杉山
Photo By スポニチ

 創価大は最速154キロ右腕・杉山と小孫の2年生リレーで1点差を逃げ切った。杉山は初回に最速150キロをマークするなど5回1失点。当時2年生だった田中正義(現ソフトバンク)を擁した14年以来の神宮大会1勝に導いた。

 「ピンチも冷静にいけた。正義さんよりも上に行きたい」と貪欲。岸雅司監督も「正義が財産を残してくれた。みんなそれを見習っている」とうなずいた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年11月11日のニュース