青木 先発出場で4の1 第1打席で見事な流し打ち

[ 2017年6月22日 12:32 ]

ア・リーグ   アストロズ5―1アスレチックス ( 2017年6月21日    オークランド )

3回の第1打席で左前打を放った青木 (AP)
Photo By AP

 アストロズの青木宣親外野手(35)は21日(日本時間22日)のアスレチックス戦に「9番・左翼」で先発出場。3回の第1打席で左前打を放ち、4打数1安打だった。

 2試合欠場が続いた青木は最初の打席で快音を響かせた。1死二塁の場面で外角のストレートを見事な流し打ち。この一打で一、三塁と好機が拡大したが、後続が倒れ、得点には結びつかなかった。

 5回の第2打席は積極的に初球を叩くも、打ち上げてしまい三飛。6回の第3打席は空振り三振に倒れ、8回の第4打席は遊ゴロに打ち取られた。

 試合はアストロズが5―1でアスレチックスを下し、3連勝を飾った。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年6月22日のニュース