2桁奪三振疲れ 則本 ゆったり中10日先発へ 梨田監督「休みを」

[ 2017年6月22日 05:30 ]

報道陣に対応する則本
Photo By スポニチ

 8試合連続2桁奪三振の日本記録を打ち立てた楽天・則本が、ゆったりローテでリーグ再開に臨む。26日のオリックス戦(Koboパーク宮城)先発が濃厚で、前回登板した15日のヤクルト戦から中10日での先発となる。

 中7日で23日の日本ハム戦(札幌ドーム)先発も可能だったが、梨田監督は「(2桁奪三振の)記録が懸かっていたこともあり、体力的、精神的に疲れがピークに来ている。休みをあげようかな」と説明。本拠地の室内練習場で投球練習を行った則本は「精神的な疲労は、自分では見落としがち。周りの人の方が分かるし、正しい」と首脳陣の配慮に感謝し、「(次戦は)万全で投げられるようにしたい」と意気込んだ。

 9試合連続の世界新記録はならなかった。それでも「(ヤクルト戦で)勝てなかったことが一番悔しい。記録をつくっていた間は勝っていたし、そこに価値がある。(今後も)三振よりも勝ちがつくように」。エースとして首位にいるチームを白星でけん引し続ける。 (黒野 有仁)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年6月22日のニュース