ロッテ 伊東監督 ペーニャに期待も「パ・リーグの投手、チームは彼のことを知っているので」

[ 2017年6月22日 20:06 ]

バント練習で自ら投手役を務めるロッテ・伊東監督            
Photo By スポニチ

 ロッテ・伊東監督は、オリックス3連戦(ほっと神戸、京セラドーム)を前に、ほっと神戸で行われた全体練習の指揮を執った。

 フリー打撃では、日本通算71本塁打の実績を持つ新外国人のペーニャが推定140メートルの場外弾2本を含む13本の柵越えを披露。指揮官は「あれだけ飛ばすからバットに当たってくれたらいいけど…。パ・リーグの投手、チームは彼(ペーニャ)のことを知っているので、その辺をどう対処していくか」と話し、しばらくは6番打者としていく考えを示した。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年6月22日のニュース