青木、代打で投ゴロ 3戦連続安打ならず チームは4連勝

[ 2017年5月18日 09:17 ]

インターリーグ   アストロズ3―0マーリンズ ( 2017年5月17日    マイアミ )

マーリンズ戦に代打で出場した青木 (AP)
Photo By AP

 アストロズの青木宣親外野手(35)は17日(日本時間18日)のマーリンズ戦に代打で出場したが、投ゴロに倒れた。その後の守備には就かず、この日は1打数無安打で、3試合連続安打とはならなかった。

 青木は3―0とチームがリードして迎えた8回に登場。2死走者なしの場面でマーリンズの4番手・ジーグラーと相対したが、外角のチェンジアップにタイミングを外された。

 試合はこのままアストロズが今季3度目の完封勝利を収め、4連勝を飾った。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2017年5月18日のニュース