山田2安打2打点で由規援護 自打球直後にニ盗も

[ 2017年5月18日 05:30 ]

セ・リーグ   ヤクルト7―0巨人 ( 2017年5月17日    東京D )

<巨・ヤ>6回2死一、二塁、左前適時打を放つ山田
Photo By スポニチ

 ヤクルトの山田が2安打2打点で由規を援護した。初回1死二塁から先制の中前適時打。6回にも5点目となる左前適時打を放った。

 「今日のヒットは(2本とも)緩いボール。緩いボールが合ってるよね」と苦笑い。試合後は1打席目での左足への自打球の痛みを口にしたが、その自打球の後に今季7盗塁目となる二盗も決めた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年5月18日のニュース