誠也悔しすぎるライナー後逸 河田コーチ「悲観していない」

[ 2017年5月18日 08:40 ]

セ・リーグ   広島4―5DeNA ( 2017年5月17日    マツダ )

<広・D>9回表1死一、二塁、宮崎の打球に跳び込むも後ろに逸らし、2点適時三塁打とする鈴木
Photo By スポニチ

 広島・鈴木のプレーが潮目を分けた。3点リードの9回1死一、二塁で宮崎のライナーにスライディングキャッチを試みて後逸(記録は三塁打)。2点を失い、傷口は広がった。

 7回には4点目の左前適時打を放っただけに悔しい。ベンチでは頭を抱え、悔し涙を流しているかのような姿もあった。河田守備走塁コーチは「捕れると思ったら突っ込めと指導しているから。チームとしては痛いけど、悲観していない」と今後の好プレーに期待した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年5月18日のニュース