柳田140メートルV弾 バックスクリーン破壊弾ほうふつ

[ 2017年5月18日 05:30 ]

パ・リーグ   ソフトバンク6―3オリックス ( 2017年5月17日    京セラD )

<オ・ソ>1回二死、柳田は中越えに先制ソロ
Photo By スポニチ

 ソフトバンクの柳田が初回2死、松葉の143キロ直球を捉えて中堅5階席中段に推定飛距離140メートルの先制5号ソロを突き刺した。「芯に当たったので行くかなと思った。ホームランは全部うれしい」。

 4月27日から遠ざかっていた本塁打は眠れる大砲を起こし、6回1死二、三塁では外角スライダーに食らいついて中前への2点適時打。1試合3打点は今季最多タイだった。「交流戦の横浜でのホームランを思い出しました」。工藤監督は15年6月3日DeNA戦で出たバックスクリーン破壊弾を笑顔で回想していた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年5月18日のニュース