光成2勝目も反省 立ち上がり課題「中継ぎにも負担掛かる」

[ 2017年5月18日 05:30 ]

パ・リーグ   西武8―4ロッテ ( 2017年5月17日    ZOZOマリン )

<ロ・西>西武先発・高橋光
Photo By スポニチ

 西武の高橋光が5回4安打3失点で今季2勝目。初回に集中打を浴びて3点を失ったが、2回以降は立ち直った。それでも笑顔はなく「中継ぎにも負担が掛かる。7回までは投げないといけない」と反省した。

 9日の日本ハム戦(札幌ドーム)も初回に失点と立ち上がりに課題が残る。「試合前のキャッチボールから考えていきたい」と課題を口にした。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年5月18日のニュース