【石井一久 視点】由規復活のために 7回続投は重要だった

[ 2017年5月18日 10:20 ]

セ・リーグ   ヤクルト7―0巨人 ( 2017年5月17日    東京D )

<巨・ヤ>5回1死二塁、小林のスイングをアピールする由規
Photo By スポニチ

 由規は長いブランクとともに、前回登板も打ち込まれた。立ち上がりに不安はあったと思うが、先頭の立岡、2番の橋本到に2球ずつ、直球でファウルを打たせてカウントを整えた。追い込めばストライクゾーンを大きく使える。捕手の中村も積極的に速い球を引き出した。変化球に頼らず、球威で押し込めたからこそリズムに乗れた。

 投げては故障を繰り返してきた投手。何かを変えなければいけない。7回、ベンチがブルペンと連絡を取るシーンがあったが、絶対にあの回は投げきってほしいと思っていた。技術論ではない。先発投手としての日常を取り戻すためにも、苦しい場面を乗り越えるのは自分でしかない。

 点差もあり、ストライクゾーンを9分割、16分割に使うよりも、アバウトに攻められた。球威と切れは十分にある。今後は試合の中で、その日のいい球種を自分で探せるようになること。そして、中6日で投げる状態に戻ってこそ、由規の完全復活だと考えたい。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年5月18日のニュース