盛り塩したが…ロッテ 借金20 伊東監督「何かあれば責任を取る プロの自覚持ってやって」

[ 2017年5月18日 21:55 ]

パ・リーグ   ロッテ1―5西武 ( 2017年5月18日    ZOZOマリン )

ロッテベンチの伊東監督
Photo By スポニチ

 ロッテは5年ぶりの8連敗で借金が20に膨れあがった。ベンチに盛り塩をして試合に臨んだが、打線の不振は変わらず、十亀の低めを突く投球に凡打の山を築いた。伊東監督は「1球で仕留める力がない。打者は準備が遅いので受けて立っている」と嘆いた。

 9回にパラデスの2試合連続本塁打で零敗を逃れるのがやっとだった。「選手を信じるしかない。何かあれば僕が責任を取るので、選手はプロの自覚を持ってやってもらいたい」と厳しい顔で話した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年5月18日のニュース