西武 ドラ3源田、キャンプ終え「毎日が濃かった」実戦の3月へ思い新た

[ 2017年2月27日 17:03 ]

楽天との練習試合で、右前打を放つ西武・源田
Photo By 共同

 西武のドラフト3位ルーキー・源田(トヨタ自動車)が、プロ初のキャンプを終えた。「1カ月、毎日が濃かったです。ケガなくできたことが一番」と充実の表情だ。

 25、26日の楽天との練習試合(春野)では2試合連続安打。「アマ時代から良くやっていた」というバント安打も決めた。遊撃のレギュラー獲りへ、守備の名手だった辻監督からも「源田が入ってきて(守備陣が)締まった。それくらい安定している」と評されるほどのフィールディングを誇る。キャンプ中には体重を減らさないように「夜はご飯の大盛りを毎日食べていた」と源田。体重は73キロをキープし、実戦が続く3月へ向けて「守備、打撃、走塁と、キャンプで教えてもらったことを出したい」と思いも新たにしていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年2月27日のニュース