明大ドラフト候補・水野4回零封も被安打6反省

[ 2017年2月27日 05:30 ]

<明大・東京国際大>4回6安打無失点の明大先発の水野
Photo By スポニチ

 東京六大学野球で3連覇を狙う明大が26日、同校グラウンドで東京国際大と今季初オープン戦を行った。今秋ドラフト候補の水野が先発し、4回を無失点。しかし、6安打を許し「ボール全体が高かった。変化球も含め低めにしっかり投げないと」と反省しきり。

 8回からは新入生の市岡(龍谷大平安)が登板。2回を4四球と制球に課題を残したが無失点に抑え「春のリーグ戦から投げたい」と意欲を見せた。試合は4―0で明大が勝利した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年2月27日のニュース