西武 浅村、新主将の自覚 最終日も最後まで残る「凄い成績残したい」

[ 2017年2月27日 17:19 ]

ロングティーで汗を流す西武・浅村
Photo By スポニチ

 西武の新キャプテン・浅村は、キャンプ最終日のこの日も最後まで残ってランニングに汗を流した。「今までにないくらい充実したキャンプになった」。栗山から主将の座を受け継ぎ、さらに今季から背番号3を背負う。「責任感も、やらなきゃいけないとの思いも今まで以上に強い。それが練習の質につながったと思う」と振り返った。

 キャンプでは連日、「フォームを固めたかった」と居残りでロングティーを敢行。期間中に合計で4000スイング前後を振り込んだ。新キャプテンは「今年は、文句を付けられない成績を残すのがテーマ。凄い成績を残したい」と先頭に立ってチームを牽引する。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年2月27日のニュース