千隼上々デビュー1回1失点 左打者へのシンカー封印はならず

[ 2017年2月27日 05:30 ]

オープン戦   ロッテ6―2巨人 ( 2017年2月26日    那覇 )

<巨・ロ>4回を終えた佐々木(左)は鈴木に声をかけられる
Photo By スポニチ

 ロッテのドラフト1位・佐々木(桜美林大)がオープン戦で対外試合デビュー。4回から登板し、1イニングを無安打1失点(自責0)に抑えた。

 初実戦だった19日の紅白戦(石垣)後、伊東監督から言われたのは「シンカー以外で左打者を抑えたら投球の幅が広がる」という課題。この日は女房役の田村と、左打者にはシンカーを封印すると決めて挑んだ。しかし先頭の重信を2球で追い込みながらスライダーが抜け、最後は8球目が遊ゴロ失策となった。その後1死三塁となったことで阿部にはシンカーを投じて中犠飛を打たれた。

 「左打者への攻め方と直球が良くない。これからもっといい球を投げないと通用しない」。それでも上々の16球で3月4日からの中日2連戦(ナゴヤドーム)で初先発することが決まった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年2月27日のニュース