大リーグ 新人恒例儀式での女装はNG 選手へのいじめ禁止条項に抵触

[ 2016年12月13日 14:29 ]

アイアートン通訳(左)や渡邉トレーナー(右)とともにドジャースのチアリーダーに仮装した前田
Photo By スポニチ

 大リーグでは新人選手に仮装させるという面白い恒例儀式が毎シーズンある。今季はドジャースの前田健太投手がチアリーダー姿となって周囲の笑いを誘ったが、12日にAP通信が報じたところによると、来季からはこれがNGになるという。大リーグ機構がこの儀式での女装禁止を決めたのだ。

 先日に大リーグ機構と選手会は新労使協定の締結に合意。その新労使協定の中にはしごきやいじめを禁止する条項も含まれており、今後は選手に対して何かを要求したり、強制したりすることは許されなくなった。毎年の新人恒例儀式もその対象。女装のほか、人種や国籍、性的指向などを強調するような衣装もその個人に不快感を与える可能性があるとして禁止されるという。

 「選手へのしごきやいじめの禁止」とあるが、今回の決定はLGBT(性的少数者)を中心とした人々を意識したものなのかもしれない。機構側は「ソーシャルメディアの普及に伴い、選手の仮装する姿がより多くの人々の目に触れるようになった。その仮装によっては無神経だと感じ、不快感を覚える人々がいるかもしれない」と話している。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年12月13日のニュース