国内球団から打診も 中後、来季も米で勝負だ!

[ 2016年12月13日 05:30 ]

今季ダイヤモンドバックス傘下3Aでプレーした中後は、自主トレで遠投などをこなした
Photo By スポニチ

 今季ダイヤモンドバックス傘下3Aリノでプレーした元ロッテの中後が来季も米球界で勝負する意向を明かした。非公式ながら、国内球団からも打診はあったが、埼玉県内で自主トレを行っている左腕は「来年も米国でやります。それに向けて動いている」と話した。

 今季はルーキーリーグからはい上がり、3Aでは登板全13試合を無失点。悲願のメジャー登板に向け、招待選手としてのメジャーキャンプ参加を目指す。ブルペン入りは「例年よりも早める。年明け早々を考えています」と10日間ほど前倒しする予定。アメリカンドリームをつかむために着々と準備を整えていく。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年12月13日のニュース