ロッテ入り柴田「大谷キラー」になる 昨年対戦時に2安打

[ 2016年12月13日 05:30 ]

ロッテ入団会見で意気込みを語る柴田
Photo By スポニチ

 ロッテは12日、ZOZOマリンスタジアムで前阪神・柴田講平外野手(30)、前ソフトバンク・猪本健太郎内野手(25)、元広島で前BCリーグ・石川の三家和真外野手(23)と契約した。3人は11月に行われた入団テストに合格していた。

 50メートル5秒7の俊足が武器で、阪神時代に「赤星2世」と呼ばれた柴田は年俸700万円で契約。昨年6月6日の日本ハム戦(甲子園)では大谷から2安打を放っており「自信になった。パ・リーグはパワーピッチャーが多いが対応できる」とアピール。来季は「大谷キラー」となり、存在感を示す。猪本と三家はいずれも年俸500万円で契約した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年12月13日のニュース