観戦の誠也父「“頑張ったね”と言ってあげたい」

[ 2016年9月11日 05:30 ]

祝勝会でビールを浴びる鈴木

セ・リーグ 広島6―4巨人

(9月10日 東京D)
 広島・鈴木の父・宗人さんは家族とともにスタンドで観戦。息子が劇的な2発を放ったシーンを目にし、「もう、興奮で鳥肌ものです。“頑張ったね”と言ってあげたい」と大感激した。

 誠也とは入団時に「5年目までに首位打者を獲ろう」と約束。9日夕に荒川区の実家からチームの宿舎まで送る車中では「まだチャンスがある」と激励したという。打率は巨人・坂本(.347)に続くリーグ2位の.336。残り12試合、まだ約束を果たす機会は大いに残されている。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年9月11日のニュース