緒方監督実家の鮮魚店セール 背番号ちなんでサンマ79円

[ 2016年9月11日 11:26 ]

 広島のリーグ優勝から一夜明けた11日、緒方孝市監督(47)の実家が切り盛りする佐賀県鳥栖市の鮮魚店で、2日間の優勝記念セールが始まった。監督の背番号「79」にちなんだ値段が付けられ、2匹で79円のサンマや790円のタイを目当てに多くの買い物客が集まった。

 鮮魚店は緒方監督の父義雄さん(81)が十数年前に開業。7月に妹の夫の内山洋さん(47)が引き継いだ。監督の出身校、鳥栖高野球部の1年後輩でもある内山さんは「昔から今と変わらず寡黙で、プレーで引っ張る主将だった。優勝に感動した」と感慨深げだった。

 一家6人で訪れた鳥栖市の会社員南里達朗さん(31)は「地元の監督が優勝してうれしい。今日の晩ご飯はタイの煮付けとエビフライにします」と笑顔で話した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年9月11日のニュース