ソフトB 打線組み替えが奏功 3年ぶり1番長谷川から内川V1号

[ 2016年4月3日 05:30 ]

<日・ソ>先制2ランの内川はナインとアゴタッチ

パ・リーグ ソフトバンク4―3日本ハム

(4月2日 東京D)
 ソフトバンクはつながりを求めて組み替えた打線が、初回に機能した。

 3年ぶりに1番に座った長谷川が遊撃内野安打で出塁。今季初めて2番で起用された今宮が送りバントを決め、2死三塁から4番の内川が左越えに先制の1号2ランを放った。前日にサヨナラ負けした嫌なムードを一掃した主将は「早く断ち切るためにも打ちたかった。(今季1号は)僕が一番待っていた」と喜んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年4月3日のニュース