ゴジラからマー君へ 開幕戦始球式 ヤンキースタジアムでは日本人初

[ 2016年4月3日 05:30 ]

13年7月、ヤンキースと1日契約を結び引退セレモニーで始球式を務めた松井氏

 ヤンキースは1日(日本時間2日)、4日(同5日)のアストロズとの開幕戦の始球式を松井氏が務めると発表した。日本人がヤンキースタジアムで行われる開幕戦で始球式を行うのは初めて。松井氏は「とにかく光栄なこと」と話した。

 球団では近年、チームに大きく貢献したOBが「プライド・オブ・ザ・ヤンキース」として毎年表彰され、本拠地初戦の始球式を担う。昨年は元監督のジョー・トーリ氏、一昨年はマリアノ・リベラ氏とアンディ・ペティット氏。ヤンキースタジアムでシーズン開幕を迎える今年は、09年ワールドシリーズMVPの松井氏が選ばれた。松井氏の同球場での始球式は、自身の引退式典が行われた13年以来2度目。ヤ軍の開幕投手は2年連続で田中が務めるだけに「その後、もし(田中が)打たれたら俺が悪かったんじゃないかって思うから、マウンドを踏まずに前から投げようかな」と後輩を気遣った。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年4月3日のニュース