ロッテ「コリジョンルール」でリプレー検証も判定覆らず

[ 2016年4月3日 14:44 ]

<オ・ロ>5回、一塁走者・田村の本塁クロスプレーでタッチアウトとなるが、走路妨害の抗議でビデオ判定となる

パ・リーグ ロッテ―オリックス

(4月3日 京セラD)
 ロッテの攻撃で今季から導入された「コリジョンルール」によるリプレー検証が行われた。

 0―1の5回1死一、二塁で中村が三塁線を破る適時打。一走・田村も本塁を狙ったが、アウトになった。捕手・山崎が走路をふさいでいた場合はセーフとなるが、伊東監督の抗議により審判団が検証した結果、判定はアウトのまま覆らず、1―1の同点止まりだった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年4月3日のニュース