日本ハム 3連戦勝ち越す ソフトBに「対等以上に戦えると思ってほしかった」

[ 2016年4月3日 19:38 ]

パ・リーグ 日本ハム4―3ソフトバンク

(4月3日 東京D)
 日本ハムは0―1の6回に4点を奪って逆転勝ち。無死一塁から田中賢が鮮やかにヒットエンドランを決め、中田の三ゴロの間に同点。大谷が右前打で続き、2死二、三塁からレアードが1号3ランを放った。練習から右中間への打球を意識していたレアードは「しっかり集中して打てた」と興奮気味に話した。

 昨季は9勝15敗1分けと分が悪かった相手に、いずれも1点差の3連戦で2勝1敗と勝ち越した。栗山監督は「選手に対等以上に戦えると思ってほしかった」と収穫を強調した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年4月3日のニュース