阪神・上本 故障以外では6年ぶり登録抹消 代打で2打席のみ

[ 2016年4月3日 08:05 ]

 阪神・上本が、先発した岩貞に代わって出場選手登録を抹消された。故障以外で登録を外れるのは10年9月30日以来、6年ぶり。片岡打撃コーチは「投手を入れないといけないし、(上本には)ゲーム感覚を取り戻してしっかり準備をしてほしい」と説明した。

 今春キャンプでは二塁の定位置を西岡、大和と争いながら開幕後の出場は3月25日の中日との開幕戦(京セラドーム)、同31日のヤクルト戦(神宮)の2試合だけで、いずれも代打で1打数0安打だった。今後は2軍戦で結果を出し、再昇格を目指す。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年4月3日のニュース