松井氏と一問一答「選手の意識が変わらないと」

[ 2016年4月3日 07:05 ]

2014年2月6日、巨人の宮崎キャンプで高木京を見守る松井氏(左)

 【松井氏に聞く】

 ――高木京元投手と会って話をしようと思った理由は。

 「同じ土地に生まれ育って、同じ高校の野球部で、プロのチームまで同じ。もちろん、年はだいぶ離れているけど、それだけ共通する部分がある。いろんなことを話せるんじゃないかなと思った」

 ――巨人はチームとして今後どうすべきか。

 「もちろん、常に注意喚起しながら、目を光らせるというのは大事なんでしょうけど、でも選手の意識が変わらないと。ほとんどの選手はちゃんとしているんでしょうけど、恐れがある選手も、いたわけでしょ。実際やった人がいたわけだから」

 ――大リーグで選手への注意喚起は。

 「キャンプ中にそういうミーティングはあります。日本も一緒」

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年4月3日のニュース