イチロー マー君と投球フォーム談義 身ぶり手ぶり交えて…

[ 2016年4月3日 05:30 ]

ブルペンでの投球練習を終え、マーリンズのイチローと話すヤンキース・田中

オープン戦 マーリンズ2―3ヤンキース

(4月1日 マイアミ)
 マーリンズのイチローはヤンキース戦の4回に代打で出場したが、二ゴロに倒れた。

 右腕イオバルディの初球98マイル(約158キロ)の直球を狙ったがバットの芯を外してボテボテのゴロ。全力疾走で駆け抜けたが、際どいタイミングでアウトになった。試合前には田中と再会。昨季シーズン最終戦でのメジャー初登板後「もう投手はやりません」と語っていたが、田中とは投球フォーム談議に花が咲き、身ぶり手ぶりを交えて肘の使い方を話し合っていた。 (笹田幸嗣通信員)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年4月3日のニュース