ソフトBスタンリッジ&ウルフが退団 スタンは日本でのプレー希望

[ 2015年11月15日 05:30 ]

退団が発表されたスタンリッジ

 ソフトバンクは14日、ジェイソン・スタンリッジ投手(37)、ブライアン・ウルフ投手(34)と来季の契約を結ばないと発表した。

 スタンリッジは2年連続2桁勝利となる10勝7敗、防御率3・74だった。日本シリーズ第5戦でも勝利投手になったが、来季の構想から外れた。昨年6月に右肘の手術を受けたウルフは9月に復帰したが、2試合0勝1敗、防御率11・00。スタンリッジは日本国内でのプレーを希望している。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年11月15日のニュース