球児 阪神復帰を発表「全身全霊をかけて戦いたい」

[ 2015年11月15日 05:30 ]

阪神時代の藤川

 阪神は14日、独立リーグの四国アイランドリーグplus高知で今季プレーした藤川球児投手(35)と契約が合意したと発表した。2年契約で年俸総額3億円。背番号は「18」に決まった。

 藤川は球団を通じて「気持ちも体も新しくして、阪神のため、ファンの皆さんのために全身全霊をかけて戦いたい」とコメントを発表した。

 高知退団後、国内の複数球団からオファーを受けて、代理人交渉では阪神以上の好条件を提示した球団もあった。だが、今月2日に高知市内で金本監督の直接出馬を受けたこともあり、12年以来の古巣復帰を決断した。

 藤川は阪神時代の07年にプロ野球最多タイの46セーブを挙げ、日本通算220セーブをマークしたが、起用法にはこだわっていないという。金本監督は「あの切れのあるボールをもう一度甲子園で見たいし、また同じユニホームを着て戦えるのが楽しみ」と期待を寄せた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年11月15日のニュース