1年生1番の木更津総合・峯村 先頭打者弾も 逆転負け

[ 2015年11月15日 05:30 ]

<大阪桐蔭・木更津総合>初回、先頭打者本塁打を放つ木更津総合・峯村

明治神宮野球大会第2日・高校の部準々決勝 木更津総合2―5大阪桐蔭

(11月14日 神宮)
 1年生の1番、木更津総合・峯村が初回、右越えに先頭打者本塁打を放ったが、逆転負けを喫した。

 内角低めの直球をフルスイングし、高校通算6号を放った。「積極的に振った結果です。内角低めは一番飛びやすいコースなので」と胸を張った。関東大会で腰を痛めたエース左腕・早川は痛み止めを服用して6回2/3を3失点。「いい経験になった。体調万全にしてリベンジしたい」と誓った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年11月15日のニュース