元阪神ボイヤー ツインズとの再契約に前向き「ミネソタが好き」

[ 2015年11月15日 13:35 ]

ブレイン・ボイヤー投手 (AP)

 セントポール・パイオニア・プレスなど米国の複数メディアは14日、ツインズから今オフにフリーエージェントとなっているブレイン・ボイヤー投手(34)がチームとの再契約に前向きな姿勢を示していると報じた。

 ボイヤーは今季、中継ぎとして68試合に登板して3勝6敗、防御率はメジャー9年目にしてキャリア最高の2・49をマークした。ロイヤルズが獲得に興味を示しているが、本人は「今季は7回、8回を任され、また、長い回を投げられることも証明できた。そういった何でもできる自分をチームも見ているはずだよ」とツインズ残留を匂わせるコメントを残している。

 ミネソタという地を気に入っているとも語っているボイヤーだが、日本との相性は良くなかったようだ。同投手は2013年に阪神でプレーしていた経験があり、22試合に登板して3勝1敗、防御率2・67という成績を残し、翌年には米国球界へと舞い戻った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年11月15日のニュース