DeNAドラ1今永に背番号「21」用意 101勝左腕野村氏の後継者に

[ 2015年11月15日 05:30 ]

ドラフト1位の駒大・今永

 DeNAがドラフト1位で指名した駒大の今永昇太投手(22)に背番号「21」を用意していることが14日、分かった。球団では93年に17勝を挙げて最多勝のタイトルを獲得し、通算101勝を挙げた野村弘樹氏が現役時代(88~02年)に背負った番号だ。

 先発の駒不足が深刻なチーム状況にあって最速148キロ左腕への期待は大きい。10月23日の指名あいさつ前にはラミレス新監督が投球練習を視察して「直球を内外角にきっちり投げ分ける。体のバランスも良い」と絶賛した。すでに来季の開幕2カード目(3月29~31日、横浜)で対戦する巨人戦でプロ初登板させる方針を明言するほど。ドラフト2位の熊原に用意した「1」と同様、主力がつける背番号は期待の高さの表れだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年11月15日のニュース