大阪桐蔭 神宮初Vへ4強進出 6番栗林が逆転3ラン

[ 2015年11月15日 05:30 ]

<大阪桐蔭・木更津総合>3回2死一、三塁、逆転3ランを放つ大阪桐蔭・栗林

明治神宮野球大会第2日・高校の部準々決勝 大阪桐蔭5―2木更津総合

(11月14日 神宮)
 大阪桐蔭が初の神宮大会優勝を目指して初戦を突破し、4強入りを果たした。

 0―1で迎えた3回に6番の栗林が左越えに逆転3ラン。「甘めの球をしっかり打ち返せた」と笑みを浮かべた。ただ、エース左腕の高山は2失点で完投したものの、9安打7四死球と精彩を欠いた。西谷浩一監督は「得点もラッキーパンチだったし、課題ばかりが残った」と手厳しかった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年11月15日のニュース