侍ジャパン 1位突破恩恵!準々決勝は宿舎から移動時間短く

[ 2015年11月15日 05:30 ]

<米国・日本>中田(左)と勝利を喜ぶ小久保監督

プレミア12予選ラウンドB組 日本10―2米国

(11月14日 台湾・桃園)
 侍ジャパンはB組の1位突破を決めたことで、日本は16日の準々決勝を天母球場か桃園球場で戦うことが決まった。

 予選ラウンドを戦ってきた球場で宿舎から近い。3位以下だとA組の試合が行われている台中まで移動しての試合だっただけに、小久保監督は「台中へバスで2時間30分かけて移動して戦って戻ってくるよりも近い場所でできる。選手にも試合前にその話をしていた」と歓迎。また準決勝進出した場合は、19日に東京ドームで戦うことも決まった。

 ▽日本の準々決勝 B組1位の日本は準々決勝でA組4位と対戦する。A組はカナダとオランダの準々決勝進出が決定し、15日の直接対決で勝った方が1位。残り2枠を争うのがキューバ、台湾、プエルトリコで、4位の可能性もこの3チームに絞られた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年11月15日のニュース