松田 トドメ満弾!小久保監督助言で「シンプルに甘い球を…」

[ 2015年11月15日 05:30 ]

<米国・日本>7回2死満塁、松田は左越え満塁弾を放つ

プレミア12予選ラウンドB組 日本10―2米国

(11月14日 台湾・桃園)
 侍ジャパンの松田が試合を決める満塁弾を放った。4点リードの7回2死満塁。初球のスライダーを左翼席に叩き込んだ。

 台湾に来てから8打席目の初安打がダメ押しとなる一発となり「小久保監督から“頭を整理して打席に入れ”と言われ、シンプルに甘い球を打つことができた」とうなずいた。

 指揮官から内野手のリーダーに指名され、ベンチでも一番声を出す。ソフトバンクからは4年の大型契約を提示されたが、大リーグ挑戦の夢を捨てきれず海外FA権の行使を決断した。しかし、会見で海外メディアに問われても「その話は置いておいて、今は個人のことよりも、日本チームのことに集中している」と言い切った。

 絶好調の中田の後を打つ7番の出来は、勝敗にも影響する。「中田翔という凄い打者をいいなと思うし、自分も活躍したい」と笑った。

 ▼稲葉打撃コーチ(13安打の打線に)誰かが打てなくても誰かが打ってくれる。本当に頼もしい打線です。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年11月15日のニュース