“おかわりコアラ”ロッテ香月一 ポスト今江に名乗り 伊東監督も期待

[ 2015年11月15日 05:30 ]

ロッテの香月一

 ロッテの1年目・香月一が「ポスト今江」に名乗りを上げた。大阪桐蔭の先輩でもある西武・中村と、ロッテの主力商品「コアラのマーチ」のキャラクター・チャンスくんに似ていることから、ニックネームは「おかわりコアラ」。空席となるホットコーナーの定位置奪取を狙っている。

 正三塁手の今江が海外FA権を行使し、退団が確実で、香月一は「もっと今江さんを見て勉強したかったけど、このチャンスをつかみたい」と鼻息が荒い。ドラフト5位で入団し、1年目の今季は1軍出場こそなかったが、イースタン・リーグ93試合に出場して3本塁打。今秋キャンプ(千葉県鴨川市)では基礎体力づくりに励み、伊東監督は「打撃はいいものを持っている。楽しみな選手」と期待を寄せる。

 侍ジャパンのメンバーでもある高校の先輩である中村や日本ハム・中田に憧れている。「自分もパワーをつけて、来年は同じグラウンドに立ちたい」と目標を口にした。 (重光 晋太郎)

 ◆香月 一也(かつき・かずや)1996年(平8)4月16日、福岡県生まれの19歳。「八幡中央ボーイズ」に所属していた中学3年時に世界大会に出場。強豪・大阪桐蔭では1年生からベンチ入り。甲子園出場は13年春夏、14年夏。14年夏は主に3番・三塁で全国制覇に貢献。同年のU―18アジア選手権の日本代表メンバーにも選出された。1メートル76、83キロ。右投げ左打ち。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年11月15日のニュース