米国監督も脱帽 終盤3イニング沈黙「日本の救援陣が凄すぎた」

[ 2015年11月15日 05:30 ]

<米国・日本>7回の1イニングを無失点に抑えた山崎康

プレミア12予選ラウンドB組 米国2―10日本

(11月14日 台湾・桃園)
 侍ジャパンは7回の山崎康、8回の増井、9回の沢村がパーフェクト救援を見せた。

 米国のウィリー・ランドルフ監督も「日本の救援陣が凄すぎた」と舌を巻く安定感だった。小久保監督も「準々決勝以降の戦いでどうつないでいくか、形が見えてきた」と喜んだ。8回に2三振を奪った増井は「カウントを悪くして打たれるのだけはやめようと思った。いいところに投げられれば抑えられる」と自信をのぞかせていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年11月15日のニュース