2度目の合同トライアウト 落合GM再度視察「宝は残っている」

[ 2013年11月22日 17:00 ]

ネット裏から選手の動きを見る中日・落合GM

 今季2回目の12球団合同トライアウトが22日、ナゴヤ球場で行われた。ロッテや阪神でプレーした小林宏之投手、ヤクルトや西武に在籍した坂元弥太郎投手ら計15選手が参加した。

 10日に行われた1回目(静岡・草薙球場)に続き、中日の落合GMが視察。ネット裏で熱い視線を送った。1回目に参加した選手の中から、ロッテを戦力外となった工藤隆人外野手を獲得したが、今回の狙いは投手のようで「宝は残っている。これから考える」と話し、さらなる獲得の可能性を口にした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年11月22日のニュース