ヤクルト FA中田賢よ来て 誠意尽くして吉報待つ

[ 2013年11月22日 05:30 ]

20日、ヤクルトと交渉した中田賢(左)

 中日からFA宣言した中田賢との初交渉から一夜明け、ヤクルトの新(あたらし)純生球団専務は「以前から聞いていた通り、礼儀や受け答えがしっかりしていて良い男だった」と振り返った。

 ソフトバンク、阪神らとの争奪戦となる中、背番号「17」を用意し、小川監督が電話で口説くなど精いっぱいの誠意を尽くした。「ウチはFAであまり選手を獲らないから慣れていないが、やれることはやった。あとは吉報を待つ」と祈るように話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年11月22日のニュース