西岡「恐怖心と戦った1年」 来季は打倒巨人

[ 2013年11月22日 20:40 ]

 米大リーグから阪神に今季加入した西岡剛内野手と福留孝介外野手が22日、兵庫県西宮市の球団事務所で契約更改交渉に臨み、西岡は2年総額4億円プラス出来高払いの最終年、福留は3年契約(年俸1億5000万円プラス出来高払い)の2年目となる来季の契約をそれぞれ更改した。

 西岡は主に1番打者で打率2割9分、4本塁打、44打点、11盗塁。米国では精彩を欠き、3年ぶりに日本球界に戻った今季は「恐怖心と戦った1年」と再起に向けて必死だったという。ベストナインにも選ばれたが、充実感は見せず「巨人は非常に強かった。倒したい強い思いが芽生えた」と決意を新たにした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年11月22日のニュース