藤浪、大谷と並ぶ鳴物入り入団…中日・浜田 台湾武者修行で飛躍を

[ 2013年11月22日 05:30 ]

 台湾で26日に開幕するアジア・ウインターリーグに参加する中日の浜田達郎投手(19)が21日、武者修行での成長を誓った。

 「いいボールが多くなってきています。投げる試合はすべて勝ちたいですね」。愛工大名電のエースとして春夏甲子園に出場。藤浪(阪神)、大谷(日本ハム)と“高校ビッグ3”と呼ばれるなど鳴り物入りで入団も、ルーキーイヤーは、ウエスタン・リーグ20試合の登板で2勝8敗、防御率6・39に終わった。

 2年目の飛躍に向け、谷繁監督は「何かつかんで帰ってきてくれればいいんじゃないですか」と、期待の左腕がひと皮むけてくれることを願っている様子だった。

 台湾、韓国、ドミニカ、日本が参加するリーグ戦は各チーム21試合を戦い、上位2チームで優勝決定戦が行われる。浜田は中日からともに参加する川崎、育成選手の赤坂と23日に出発し、帰国は12月23日の予定となっている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年11月22日のニュース