ソフトB DeNA戦力外の細山田獲得へ 鶴岡も獲得秒読み

[ 2013年11月22日 05:30 ]

ソフトバンクが育成選手として獲得する細山田

 ソフトバンクは、DeNAから戦力外通告を受けた細山田武史捕手(27)を育成契約選手として獲得する方針であることが21日、分かった。

 今オフは日本ハムからFA宣言した鶴岡の獲得も秒読み段階となっており、捕手の選手層を厚くするのが狙いだ。細山田は早大時代には、2学年下の斎藤(現日本ハム)とバッテリーを組み、3年春から4季連続で東京六大学のベストナインを獲得した。プロ入り後は1年目の09年に開幕1軍を果たしたが、その後は伸び悩み、5年間で通算191試合で打率・171、1本塁打、23打点。今季は右腕の血行障害手術を受けるなど、ここ2年間は1軍出場はゼロだった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年11月22日のニュース