祖父は元副大臣 巨人ドラ4、強打の高校生野手が仮契約

[ 2013年11月22日 05:30 ]

巨人が仮契約を結んだドラフト4位の日大山形・奥村

 巨人はドラフト4位指名した日大山形・奥村と山形市内で交渉し、契約金4000万円、年俸540万円で仮契約を結んだ。主将として今夏の甲子園で県勢初の4強進出に貢献した強打の内野手。

 巨人からの指名には「打率を残せる選手になりたい。総合力で勝負したい」と目を輝かせた。二遊間どちらもこなす器用さも魅力。父・伸一さんは滋賀・甲西の監督で、社会人・プリンスホテル時代は今季限りで引退したヤクルト・宮本の同僚。その父・展三さんは民主党の元国会議員で11年の野田内閣では文部科学副大臣も務めた。サラブレッドが1日も早い1軍昇格を目指す。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年11月22日のニュース