大谷 怒られた…二刀流特別メニューに“パニック”右往左往

[ 2013年2月2日 06:00 ]

二刀流は大変…キャンプ初日、フリー打撃する大谷だが快音は聞かれず

 投げて、打って、怒られた。プロ野球の12球団が1日、沖縄、宮崎の両県で一斉にキャンプイン。沖縄県国頭村(くにがみそん)で2軍スタートとなった日本ハムのドラフト1位・大谷翔平投手(18=花巻東)は、初日から「二刀流」の特別メニューに右往左往し、首脳陣に一喝される一幕も。プロ初の屋外フリー打撃では柵越えゼロに終わったが、前例のない挑戦を始めたルーキーは夜間練習まで精力的に汗を流して、充実の一日を終えた。

 二塁、三塁、遊撃に分かれての内野ノックの直前。守る位置が分からず質問してきた大谷に、西2軍監督兼内野守備コーチの怒声が飛んだ。「自分でメニューを見てこい!」。前例のない挑戦。戸惑うのも無理はない。二刀流キャンプ初日はドタバタだった。

 「両方のメニューがあって、最初の方はやり方、流れが分からなかった」

 ベンチに張られた練習メニュー表。大谷については投手と野手の2カ所に分かれて記入されており、一目で判断するのが難しい。一喝した西監督も「初日で混乱したと思うけど、投手だけじゃなく野手のメニューも見れば分かるはず。準備は大事」と説明した。

 投手と野手の練習を並行して行えば時間が押す。くにがみ球場でのウオーミングアップ後、まずは野手組で走塁練習。その後、サブグラウンドに移動してキャッチボールや80メートルの遠投をこなすメニューだったが、その時にはすでに投手陣はキャッチボールを終えていた。このため、ただ一人、加藤2軍投手コーチとメニューを消化。その後に待っていたのが投手としての投内連係、そして再び野手としての内野ノックだった。

 控室で内野用グラブを手にして急いで向かったが、既に練習は終盤。ノックしていた西2軍監督に「入ります」と訴えたが、同監督は「もう終わりに近い。次の内野ノックからでいい」。本塁後方に1人ポツンと立って先輩の練習を10分間見学するしかなく、直後に怒られる流れになった。

 もちろん、めげない。ノックの際には投手として利き手を突き指しないように、右手を腰の位置に回して左手だけで捕球するように指示された。制約はあったが、軽快な動きを披露。三塁から一塁への送球は軽めでいいとの指示が出る中、スナップの利いた送球に、西監督が「凄い球だな」と感嘆の声を上げた。

 報道陣100人、ファン300人は名護と同数で、人気は早くも1軍級。3日には初の投球練習を行うが、ノウハウのない「二刀流」の試みだけに、その後は疲労度を確認しながら慎重にメニューが組まれる。「きょうは凄く楽しかったし、流れも分かってきた」。最後に見せた顔は充実感に彩られていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年2月2日のニュース