消防車3台出動…オリックス キャンプ地球場前でぼや騒ぎ

[ 2013年2月2日 06:00 ]

宮古島市民球場前の畑で野焼きの火が飛び火し、消防車が出動する

 オリックスが春季キャンプを張る宮古島市民球場の前でぼや騒ぎがあり、一時騒然となった。

 午後3時15分ごろ、球場正面入り口の前のサトウキビ畑から出火。5000平方メートルを焼く火事に、消防車3台が出動した。畑の所有者の男性が、収穫後の枯れ木などを燃やしていた火が広がったことが原因で、火は約1時間後には消し止められたが、球場内から瀬戸山球団本部長補佐なども駆けつけるなど騒動となった。宮古島では資産家夫婦死体遺棄事件の容疑者が潜伏する騒ぎがあったばかりで、「いろいろあって、何だか怖いな」と話す関係者もいた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年2月2日のニュース